掲示板で知り合ったJC 2

ネットや2チャンで見つけた秘密の体験や願望、恋愛物語を紹介
おすすめ情報
内緒の恋愛体験を告白 TOP > スポンサー広告 > - 掲示板で知り合ったJC 2内緒の恋愛体験を告白 TOP > 出会い系体験談 > - 掲示板で知り合ったJC 2
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/06/22(火)
前回の詳細です。
彼女からラブホに行く同意を取り付け2人でラブホへいくことに。
カラオケの清算しにカウンターへ向かうエレベーターの中でもどちらとも無くDKしたり、店を出て向かうまでの間も彼女の方から腕を絡ませてきたりと、傍から見たら完全にカップルという感じで東京の街を歩いた。
結婚生活ランキング  恋愛ランキング

*
ちなみに当然俺も彼女も都内のラブホなど知らなかったわけだけど、正直に書くけど俺はこういうことになる期待も込め、デートする地域周辺のラブホの情報を2ちゃんで仕入れていたw
その期待がまんまと実を結んだ形になり、俺は頭に入ってる地図で彼女をまるで使った事があるホテルかのように案内した。
 
普段俺が使っていた爺さんと婆さんが交代で受付してる激安ラブホとは全然違う、機械管理(表現間違ってる?w)に戸惑いつつホテルの中へ・・・
下調べして値段の見当は付いてたが今日はクリスマスイブ、入れる部屋など限られていて、割高の部屋にせざるを得なかった。
普段使ってるとこの約2.5倍・・・と財布を気にしつつ入室
カラオケでお互いできあがっていたこともあり、シャワーも浴びずにベッドになだれ込んだ。

カラオケよりもある程度明るい部屋内で全裸の彼女を見て感じたのは、まずは当然その巨乳のボリューム、そしてものすごい色白だという事。
肉付きは結構いい方で彼女自身は太ってると言っていたが、胸もそうだがお尻も結構大きいけど腰周りはきゅっと締まってて綺麗なライン、それでいて背が小さいのも個人的によかった。

顔はほしのあきに似てるとよく言われてたらしい(個人的にはほしのあきより好み)
そして化粧を全くしてないのに問題ないくらい肌が綺麗なのは感心した。
陰毛が白い肌とあまりしっかり処理してないのが合わさって若干濃い目に感じたが、それはそれでものすごいエロスがあった。
 
キスや乳に関してはカラオケで結構堪能したのでそこそこに、マンコをじっくりいじりたくなった。
ちょっと明るいせいか彼女が恥ずかしがり下半身には布団をかけた状態ですることになった。
キスしたり胸を揉みしだいたりしながら手で彼女の足を完全に開かせて触ると、カラオケでのことから最低でも30分くらいは経っていたはずだけどまだヌルヌルだった。

しかもまた興奮して出てきてるマン汁を小陰唇から大陰唇、クリのあたりまで手を使って広げて、マッサージするように撫でまわすと小さな喘ぎ声を漏らしながら彼女の腰もそれに合わせて動く。
徐々にクリに集中させていくと色白の彼女の顔が赤くなってきて身体の反応もどんどん早くなっていく。

彼女のクリは結構皮も多めで普段は触っても中心が分かりづらいくらいだったんだけど、探し当てて優しく刺激してやるとかなり素直に反応して堅くなるタイプ。
男としては当然燃えるわけで、堅くなってるクリを指の腹で押したりちょっとつまむ様にしてみたりと色々いたぶるように楽しんだ。
クリをいじるたびに身体がよく反応して責め甲斐もあった。

彼女が俺に強くしがみつくようにして「・・・あ、イキそう・・・イク・・・イク」と耳元で言うので、俺も耳元で「イッていいよ」と囁いてやりながらラストスパートで強めにクリをこねるようにすると、ビクンビクンと数回腰を跳ね上げるようにしながらイッた。

以前スカイプでは「セックスでイッた事が無い」とか「そもそもイッたたかどうかわからない」ということを言ってて、俺が「それは絶対嘘だろ~」とかってやりとりをしてたので。
脱力した彼女を抱きしめて「なんだイキやすいじゃんw」と言ってやった。

すると「○○さんが上手すぎなだけ!」と怒った様に言いつつ抱きついてきた。
それが本当か嘘かはどうでもいいけど確かなのは言われて嬉しい言葉だってこと。
もうちょっと責めてみたいなと思い、さっきはほとんどクリしか触らずにいたので中を触ってみることにした。

彼女にキスをしたりしつつ、また足を広げさせて穴の部分に指を入れていく。
イッたあとのマンコは先ほどよりは若干水っぽくなってて軽くかき回してもピチャピチャという音が布団の中から漏れる。
自分でもよろしくない楽しみかたなのは分かりつつ、形容するなら「清楚なお嬢様」って言うのがぴったりの彼女の顔と、布団の中から漏れるエロイ音のギャップがものすごく俺を興奮させた。
わざと大きく音が出るように、より彼女にも聞こえるようにしてたと思う。

それが功を奏したのかは全く謎だけど、彼女の奥からはイった後の水っぽさはなくなってきて、最初と同じトロトロとしたあたたかいマン汁がまた湧いてきた。
彼女の身体の反応もまた大きくなってきたので、俺は彼女のいわゆるGスポットって部分を重点的に触り始めた。

奥から手前へGスポットを擦りあげるように挿入した二本の指を大きくゆっくりと動かしつづけると、俺の手のひらに熱い何かがかかった。
「え?」と思いつつ彼女を見ると顔真っ赤にして耐えるような感じで喘いでる。
その後も奥から擦りあげるとたまに手のひらに熱いものがかかる感じを受けながら、最終的にGスポットを擦りあげつつ親指で堅くなったクリを丁寧にこねるようにしてイカせた。
イクときに中の指を彼女の膣がぎゅっと締め上げてくれて「チンコ入れてぇ」と思わせた。

指を引き抜いて手を見ると手のひらまでびしょ濡れで、布団をどけると結構な範囲が濡れてた。
「もしかして潮吹いた?」と聞くと「・・・うん、吹きやすいんだよね、ゴメン」と恥ずかしいのと申し訳ないといった顔で見てきた・・・
吹きやすいってのが嬉しい反面「あ、他の人相手でも吹くんだ・・・」というわけの分からない残念な感情が去来したw
もちろんその感情は隠して「いや、むしろ可愛いし最高だって」とシーツと彼女のお尻をタオルで拭いてやった。

彼女の潮を拭き、もう挿入したいくらいのテンションではあった。
ただ拭いて会話してる間にちょっと萎えてしまってたのでフェラをリクエスト。
俺がベッドに腰を下ろし、彼女が床に座った状態でのフェラになった。
カラオケでも思ったけど、ルックスとは全然見合わない唾液が垂れんばかりのフェラをする子だった。

玉袋や裏筋も舐めてというと「ふーん・・・そこ舐めて欲しいんだw」とニヤニヤしながら言った後に丁寧に舐めてくれた。
(ある意味ツンデレ的要素がある子だった気もする)
ルックス的に好みの女の子が自分のチンコを丁寧にしゃぶる姿はいつ見てもやっぱりいいもので、上目遣いなんかもたまにしてもらいつつ堪能した。

フェラのついでにシックスナインもしたくなりお願いした。
俺が先にベッドに仰向けになり彼女が跨ってくるのを待ってると、俺の頭の横のあたりにちょこんと座って「本当にするの?」と動揺した顔でこっちを覗き込んで聞いてきた。

さっきの手マンのとき布団かけてたことから考えて見られるのが相当恥ずかしいらしい。
しかもシックスナインの体勢なんてなおさらなのも分かる。
あまりに聞いてくる顔が可愛いのでちょっと「しなくていいよ」と言いそうになったけど、欲には勝てず「大丈夫、大丈夫」とわけの分からない促し方をして、彼女をしぶしぶ跨らせた。

跨った瞬間彼女のマンコが軽く開きヌチャッと鳴ったのがかなりエロかった。
彼女は恥ずかしさをごまかすためか跨ったと思ったらすぐむしゃぶりつくようなフェラを始めた。
身長差がかなりあるせいか通常のシックスナインよりやや下の部分に彼女のマンコがある感じ。
舐めるのはちょっと大変だけど、指を使うにはちょうどいい距離だった。

彼女のものすごいフェラの快感が伝わってくる中で、彼女のオマンコをまず鑑賞した。
触ってててうすうすわかってたけどややビラビラが大きい感じだったので、それを指で開いてみたり、お尻を割り広げてアナルも見てみる。
(そっちの趣味はそれほど無いけど)

見られてるのが分かるのか彼女のフェラもどんどん激しくなってきて、呼吸が荒くなるせいかマンコもアナルもよりひくつく感じがしてかわいかった。
ちょっと長めに隅々まで鑑賞した後に、両手の指を使って彼女のマンコを色々といじってみると、感度がいいせいで彼女のフェラの勢いが急に弱くなって、俺のチンコを握ったりしながら喘ぎ始めた。

それもまたかわいくてじっくり責めてこの体勢でイカせてやろうと思ったんだけど、クリを触ってやると、刺激が強すぎるのかもう欲しくなってるのか、腰というか俺から見たらお尻を振るような動きをし始めて、そのあまりのエロさに入れたくなった。

正常位で挿入しようとすると彼女が「ゴムつけてくれる?」と言ってきた。
あとで分かったことだが避妊どうこうじゃなくどうやら彼氏への義理を感じてるらしい。

何でいまさらとは当然思ったけど、つけてと言われてつけないのはさすがに嫌われると承諾。
ラブホに備え付けのゴムをつけて挿入した。
正常位で乳を揉んだりDKしつつガンガン突きまくり、非常に気持ち良いのだけど、彼女の反応はカラオケでしたときのような気持ちよくてしょうがないという感じではなかった。

正常位は好きじゃないのかな?と思い俺が好きなバックの体位で挿入してみた。
ゆっくり腰を勧めると彼女の身体が反応したけど、気持ちいいというより刺激に対する反応のような。
とりあえずどんどん腰を早めていくと、喘ぎ声というより泣き声のような「ヒッ!」みたいな声を上げはじめた。

違和感を感じながらも突きまくると悲鳴のような声を上げて最期には手と顔をこっちに向けて「ちょっと待って」と言ってきた。
聞くと奥まで入ったときに奥のところが痛いらしい、ゴムを着けるとたまになると言った。

それじゃあ・・・となるべくゆっくり腰を動かすけどそれでもやっぱり痛いみたいだった。
それを見てられなくなったのと俺の正直な気持ちを込めて上から覆いかぶさって耳元で「じゃあゴム外さない?」というとちょっと考えた後無言で頷いてくれた。

待ってましたとばかりにゴムを外したが、痛みのせいでか彼女のマンコの濡れが大分引いてきていた。
ゴムの横に置いてあったホテル備え付けの袋入りローションを自分の亀頭と彼女のマンコに撫で付けて再び挿入。

普段は別に生に強いこだわりがあるわけじゃなかったけど、その時は心のそこから「生最高!」と思うくらい気持ちよかった。
彼女の方も、俺のチンコの先が彼女の奥に当たったときにさっきまでとは全然違う甘い声を出してくれて、気持ちいいんだろうってことが分かった。

心なしか彼女のマンコの締まりや熱がよくわかるような気がして、最初はゆっくりと腰を振った。
彼女はバックの方が声が出るみたいで、それほど激しくしなくてもかなり大きな声を出している。
彼女も感じてるのが分かって心に余裕が出来たのか、彼女の大きくて白い尻が今度は気になった。
大きめの尻ではあるけど若いせいか弾力は抜群で、鷲掴みにしたり軽く叩くことでかなりいい感触がある。

突きまくりながら尻を叩いて激しくピストンすると「イヤ!ダメ!」というようなことを言うけど、実際はかなり気持ちいいらしく自分から尻を振ってた。
いつの間にか俺のちんこは彼女の白濁したマン汁でベトベトになってて、激しくピストンしながらクリを指でいじると「イク!イク!」と簡単にイッてしまった。
イクときの膣がかなり締まり、危うく中でイキそうになるほどよかった。

彼女が落ち着くのを待って正常位で挿入した。
繋がってる感は一番強い正常位で、ゆっくり腰を振りつつつつ指を絡めてキスをしたりする。
最初は恥ずかしがって顔を背けてた彼女も、今はこっちをじっと見てくれて見つめあいながら腰を振った。
すると不意に彼女が涙を流したので、「どうしたの?」と聞くと「幸せすぎて涙が出た」と。
(あとで知ったが彼女の家庭環境は結構複雑だった)

もちろん俺はそんなことは知らないので「俺とセックスするのが幸せってことは・・・」とこれまで遠慮していた「愛してる」って言葉を彼女に言った。

彼女は「・・・」と無言。
俺は「俺のこと好きじゃない?」と耐えかねて聞いた。

「彼氏に悪いから・・・」と言われて、俺は「そっか・・・」とだけ。
また「ここまでしといてかよ!」と心の中で思ったけど言えるわけも無く・・・

フラストレーションがたまり、彼女をメチャメチャにしたくなり、乳を鷲掴みにして激しく突きまくった。
彼女は白い肌をどんどん高潮させてまたいやらしい声を上げてくる。
そのうちに射精したくなり「どこに出せばいい?」と聞いた。

彼女は喘ぎながら「どこでもいいよ」とこっちを見つめて言った。
当然中はダメなのわかってるので普通は腹に出すところだけど、そのときは「顔でも?」と聞いた。
(以前スカイプで顔射はされたことがないと話したことがあったからかも)

「・・・したいならいいよ」

と彼女が言ったので、思い切りかけて、口にねじ込んで綺麗にさせた。
ある程度舐めさせた後で拭いてやりながら賢者タイムになり「ごめんね、ありがとう」と言うと「謝らなくていいよ。○○さんが良かったなら嬉しいし」と笑顔で言ってきて、ものすごく可愛かった。

ノーメイクだから顔射してもなんの問題もないというのはいいなと思ったw


関連記事






この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | 内緒の恋愛体験を告白 | 

 | Copyright © 内緒の恋愛体験を告白 All rights reserved. | 




人妻 不倫 恋愛 セックス エッチ /   / Template by パソコン 初心者ガイド 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。