病院の駐車場で襲った

ネットや2チャンで見つけた秘密の体験や願望、恋愛物語を紹介
おすすめ情報
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/09/09(木)
昨夜は会社の人を見舞った帰り、その病院の駐車場でK子を襲った。
なぜ、襲ったなどという表現を使うかというと、K子がイヤがったからだ。
どうやらカーセックスは不快らしいのだ。
結婚生活ランキング  恋愛ランキング

*
だが俺は病室でK子のスーツ姿のパンスト脚でチンコがビンビン反応していたので、到底我慢できず、いやがるK子を病院駐車場の車の中で襲ったというわけ。

いやがる女を無理やりというのも興奮するもんだな。
K子もいやがってはいたが、無理やりのディープキスで少しは大人しくなった。
乳首を舌で転がす頃には、ため息が荒くなって来たし、パンストとパンティの上からでも恥部が湿ってきているのがわかった。

耳に息を吹きかけ、左手は乳首を愛撫、右手はパンティの中でクリを愛撫。
この俺の得意の3点攻めで、K子のパンティの中はもう音がするほどクチャクチャと湿り気十分。

さすがに病院の駐車場では助手席でのセックスは無理だった。
人がほとんど来ない隅の暗がりの駐車場だが、さすがにハラハラする。

そこで、後席に移動してハメてみた。
かなりアクロバティック体勢となったが、ハメることができた。
フィニッシュはK子の口中のはずが、間に合わず、大量の液が顔射となってしまい、後始末が大変だった。
精液まみれのK子の顔に、ふと愛着を覚えた夜だった。

関連記事






この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | 内緒の恋愛体験を告白 | 

 | Copyright © 内緒の恋愛体験を告白 All rights reserved. | 




人妻 不倫 恋愛 セックス エッチ /   / Template by パソコン 初心者ガイド 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。