ある中小企業の社長夫人

ネットや2チャンで見つけた秘密の体験や願望、恋愛物語を紹介
おすすめ情報
内緒の恋愛体験を告白 TOP > スポンサー広告 > - ある中小企業の社長夫人内緒の恋愛体験を告白 TOP > 社内恋愛・不倫・浮気の告白 > - ある中小企業の社長夫人
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/11/12(金)
ある中小企業の社長夫人なのだが、この人は最初の段階で俺に興味津々、といった感じだったので、何となく手を出した人だった。
出合ったきっかけは企業秘密なので伏せるが、出会ってから一年くらいたち、丁度、女のコに空きが出来た時(当時は3人ほど常に侍らせてたのよ)だった。
結婚生活ランキング  恋愛ランキング

*昼間など、ほぼ一人でいる時間帯に電話をかけて、コミュニケーションを取り冗談を言い合えるようになった時、その人から相談された。

「旦那が浮気してるって、匿名の電話がかかってきた」と。

はいきた。
フラグきたコレ。
相談に乗っている振りをしながら不安を煽り、電話だけじゃなく、直接会うようにお茶をして、その内普通にドライブデートするようになって、人気の無い公園で抱きしめた。

不倫、というか、人妻に手を出すのは、実はこの人が初めてだった。
抱きしめた時、既にティムティムは半もっき状態で、カウパーがどくっと出たのが分かった。
人妻である事が、今まで喰ってきたどの女のコより、確実に俺を興奮させていた。

その人も俺に抱きついていた。
その気になれば、青カン出来そうな(ティムティムの)勢いだったが、ぐっと堪えてキスに留める。

その夜に、電話で「あなたを抱きたい」とストレートに伝えると、受話器の向こうから、喘ぎ声のような、震える吐息が聞こえた。
墜とした、と実感したときだった。

その人は、当時30前半。
俺は22・3あたり。
見た目は20代後半だが、話すとおばちゃんくさいというか、一人子供もいたので、主婦だなぁ、と感じていた。

ただ、初々しいというか、猫かぶっていたのかどうかはワカランが、かわいらしい、という表現が本当にしっくりくる品のいいお嬢様、という雰囲気が俺は好きだった。

キスをしてから、次に逢うときは間違いなくえっち付だぞ、とその夜の電話で念を押したかいもあり、一週間も空かずに隣町のラブホにて、その人とえっちをすることになった。

経産婦なので、体のラインはそこまで求めていなかったが案外悪くなかった。
胸はB位、ギリギリくびれも確認できた。
敢えて突っ込むなら、パンツの面積が広い事だけ。
これはちょっと萎えた。

また、初々しいのは仕草だけではなく、えっちに関してもそうであり、開発されきっていない状態に、当時の俺は(全く持って贅沢者だが)軽く落胆した。

えっちはスポーツみたいなものと捉えていた俺は、最初から本気を出せない、俺がやりたい事が出来ない事に不満を感じた。
むしろ、スポーツは見るのもヤるのもゲームも嫌いなので楽しんで汗をかける、えっちというものを、本能で求めていたんだろう。

関連記事






この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | 内緒の恋愛体験を告白 | 

 | Copyright © 内緒の恋愛体験を告白 All rights reserved. | 




人妻 不倫 恋愛 セックス エッチ /   / Template by パソコン 初心者ガイド 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。